Calender

<   October 2020   >
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


SEARCH



Twitter



日記詳細&コメント

船底チェック

 マリーナはすっかり春。
 お花見の艇が次々に出入りしている状況です。


 そんな中、かわいらしいボストンホエラーのテンダーが船検を受けていたりして。

 というわけで(どんなわけだ?)愛艇”かるがもん”の年に一度の船底塗装の日が近づいてきました。
 今月はやたらと多忙なため、十分な準備時間が取れそうもないので、とりあえず事前にクレーンで吊るだけ吊って、船底状態を確認。




 おー!
 ベロベロに塗装が剥げていた去年に比べて、ずいぶんときれいなものじゃないですか!!
 私の素人工事ながら、去年の手当がうまくいったようです。
 傷跡に、オズモシスブリスター(浸透圧による積層の剥離)らしきものもほとんど無し。去年あれだけ無数のオブモシスブリスターがあったのが嘘のようです。


 これなら、普通の船底塗装プラスアルファ程度の手間で済みそうな感じ。
 去年、頑張った甲斐がありました。
 マリーナの主任さん曰く、「愛情をかけた分だけ、船は応えてくれるものです」。
 まさにその通り。
 で、さらに言われてしまいました。
「後はちゃんと乗ってあげてくださいね!」
 ……確かに、仕事が最近忙しくて、余り乗ってあげられていないのですよね(^^;


 大いに反省しつつ、仕事も遊びも頑張ろうと思う次第です。
2008-04-02_18:31-teduka::Yacht

Comments


カナダ オンタリオのボート好きです。日本に在住時はコーニッシュシュリンパー19で須磨で遊んでおりこちらではもう手放しましたが17フィートの木造キャトガフのロングキールを楽しんでおりました。船底の美しさはFlickaにも負けていなかった?です。
さて上のボストンホエラーのテンダーは9フィートでしょうか?11フィートでしょうか?
13をもっていたのですがこの写真に惚れこのテンダーサイズに大人2人が乗ってもすぐにハンプを超えれるぐらいの大きなエンジンを積んで今一度手に入れたいと思っています。またこのエンジンは9.9/15/20hpのどれかお分かりになりますか?
不躾なメールにて失礼しました。

Add Comments