Calender

<   November 2020   >
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


SEARCH



Twitter



 次の衆議院選挙に向け、自民公明与党が、政敵の公民権を抹消する事の出来る法律案に着手したようです。


「議員の公民権停止、与党公約」
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090812-OYT1T00502.htm


 皆様ご周知の通り、民主党小沢前代表の赤坂事務所への検察の強制捜査は、結局全く成果を上げることが出来ずに、政治資金報告書の解釈論での起訴となっています。自公のこの新規法公約は、こうした検察解釈でもって公民権を停止し、政敵を抹殺できるもので、あからさまな政治弾圧目的の法案であるということが出来ます。
 果たして、こんな危険な自民公明両政党に、今後も政権を任せてよいものなのでしょうか?


 来る「政権選択選挙」において、最も重要なポイントは、金持ちや既得権者の豊かさを守るためなら政治弾圧をも辞さない自公政権か、あるいは一般国民の生活を守るためならそうした既得権や官僚機構の破壊も辞さない民主党政権か、という選択となります。
 是非、8月30日までに、しっかりとこのあたりを考えていただけましたら幸いです。
2009-08-12_18:47-teduka::Politics

Comments


No comments yet

Add Comments