Calender

<   July 2024   >
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


SEARCH



Twitter



日記詳細&コメント

西松建設の裏金の行方が判明!

 ついに、今回の問題の中心部、西松建設の裏金の行方が判明しました!
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030601001177.html
 なんと、自民有力議員に、収支報告書に記載のない裏金が、年間約500万円、総額6000万円前後、しかも議員本人に手渡しで渡されていたようです!
 この有力議員、まだ名前こそ出ていませんが、直にインタビューをしているところから、関係者の間では公然の秘密となっているようです。
 こうした汚職を誤魔化すために先に民主党に強制捜査をしたのであれば、こんなに恐ろしい話はありません。


 ここで誤解の無いように書き記して置きますが、小沢塾長などの受けた「献金」とは完全に合法的なものであり、多くの民主主義国では投票に準じる有権者の権利として行使されている、全くクリーンなものです。
 「献金」は、自分と思想や理念、理想を同じくする政治家が活躍することで、自分の思いを実現するために行われる行為であって、実利を求める賄賂的な性質は全く存在しないものです。今回問題になっている法人献金も世界的には盛んですが、これも、会社の方針や理念に合致した政治家の活躍によって会社の理想を実現しやすくするために寄付されるものであり、全く賄賂性はありません。
 実際、米国にオバマ大統領が誕生したのは、第一にこの寄付の集め方が非常に上手だったからであり、その点が、米国では非常に強く賞賛されています。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899563/fe_080415_01.htm
 民主主義の浸透の浅い日本では、封建社会的思想からどうしても献金を嫌う傾向がありますが、これは本来ごく普通に行われているものだし、民主主義社会では行われるべきものだという事は間違いのない事実です。
 「献金」とは、実利ではなく理想の社会作りのために、「絶対に寄付者である私に対して利益供与をしないこと」という条件付で政治家に渡される、まさに浄財なのです。


 これに対して今回の報道で自民有力議員に渡されたとされる「裏金」はそのままずばり「賄賂」であり、利益供与を期待して渡されるものです。
 理想や理念なんていう即座に食えないものではなく、即、受注を案内してくれという性質のもので、完全に汚職であり、犯罪です。


 私は、「献金=浄財」と「裏金=賄賂」、この二つの違いを明確に理解することが、今回の事件を読み解くキーになると思います。
 どうも、この二つを敢えて混同して見せ、さらには民主党に先に踏み込むことで自公政権を庇おうというのが今回の国策捜査の本質の一つなのかも知れない、という見方も出来ます。
2009-03-07_03:43-teduka::Politics

Comments


No comments yet

Add Comments