Calender

<   November 2020   >
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


SEARCH



Twitter



日記詳細&コメント

過去の旅行記:フランス編その1

 さて、ここのところブログの更新が滞っていたと思いますが、実は、あちこち飛び回っておりました(^^;
 その中でも目立つところで、フランスはパリまで、居合の演武に行ってきておりました。
 私には珍しく、仕事があまり絡まない旅行なので、実に楽しいものでした。

 ただし、このフランス行き実はカメラ(Canon EOS Kiss X4)が故障してしまい、前半の写真がありません(^^;
 見事にデータカードを壊してくれました。
 カタログスペックは高いのですが、海外利用でのトラブル発生率が今のところ100%というのは困ったカメラです。

 まず、フランスで行ったのが、市内観光。
 実は今回の旅では私の所属する居合流派の達人、C師範と御同室だったので、観光もご同行と相成り、緊張しまくりでした。
 市内観光はあちこち回りましたが、まず記憶に残っていたのが、ナポレオン1世の眠る戦争博物館。
 ここでは、古代〜中世の西洋刀剣も展示してあり、なかなか興味深いものでした。

 ここで驚かされたのが、実は、西洋刀剣も中世前期まではちゃんと折り返し鍛錬をしていた、という事。西洋刀剣から折り返し鍛錬の痕跡が消え、ただの鉄板切り抜きになるのは、銃の登場と、時を同じくしていました。
 メインウェポンが銃になり、剣にさほどの耐久性が求められなくなったために、1回斬るだけなら十分な鉄板切り抜きの剣に変わったのですね。
 そして、ナポレオン1世の棺を見学……

 こういう、遺体をゴージャスを飾るという文化は、なかなか日本人には理解しにくい部分ではあります(^^;
 そして、お洒落なカフェでサイダー(三ツ矢サイダーではなく、リンゴの果汁をアルコール発酵させた本物のサイダー)を飲みつつ、パリの街を眺めます。
 いやあ、パリに来てよかった。

 そして向かうはエッフェル塔!

 すっかりお上りさんです(^^;

 エッフェル塔ではしゃぐパリジェンヌを横目に見つつ……。


 ベストポジションへ。


 やはり、パリは素晴らしい。

 しかし、そこは国際都市。
 なにやら騒がしいので後ろを振り返ると……

 逮捕連行される若者の姿が(^^;

 これもパリのもう一つの姿です。
 実は私たち一行も、ここに来る前にスリの被害に遭いかけて、それを撃退するという経験をしておりました。
 幸い、当方は武道家3人組だったので事なきを得ましたが……

 いやあ、怖い怖い。
2010-07-12_04:13-teduka::iai

Comments


No comments yet

Add Comments