Calender

<   August 2022   >
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


SEARCH



Twitter



日記詳細&コメント

違法職質による強引な逮捕

 秋葉原で、青年に対し職務質問をして、身体検査をした結果十徳ナイフを持っていたとして、銃刀法違反で逮捕しようとしたところ、青年が抵抗した、という事件がありました。
http://www.asahi.com/national/update/0626/TKY200806260188.html
 いや、んなもん抵抗するでしょう、普通!
 法的に許容されているはずの長さの十徳ナイフをリュックの中に持ってて道を歩いているだけで銃刀法違反じゃ、メチャクチャですよ。
 まず、そもそも、職務質問で本人の意志に反して身体・荷物検査をすること自体が明確に違法。
 さらに、手に持って歩くならともかく、リュックの中に持ち歩くのは、ツールナイフの特性上想定される使い方です。本来の利用方法で安全に運搬されていたものを引っ張り出してきて逮捕というのは、メチャクチャです。


 しかも、この後がさらにとんでもない。
 警官が手を切ったと騒いでいるのだけど、実は手を切ったのはナイフが警官の手にわたった「後」の話。
 青年がナイフを取り返そうとしたところ手のひらを切ったと言うことだから、これは警官がわざわざツールナイフを開いてから刃の側を握ったとしか思えない。さもなきゃ、特殊訓練を受けた屈強な警官二人から、一般市民が刃物を取り返せるわけがないんです。(思い返して欲しいのですが、そもそも、十徳ナイフは刃が閉じているのです。これを警官の手の上で開いてから切り付けるなんて言う早業が誰に出来るのでしょう?)
 何しろこの警官たち、警視庁遊撃特別警ら隊、なんていう特殊職だそうですから。
 これって、理屈で言い負けたために、十徳ナイフを返すようなそぶりをして、青年が柄を握った瞬間に敢えて刃を握ったんじゃないでしょうか?
 押収物を返すそぶりをして受け取ったところを公務執行妨害で逮捕というのは、いわゆる、転び公安定番の手口です。
 もし、転び公安でなかったとして、これでもし本当にこの青年がナイフを一瞬でも取り返していたとしてら、そんな遊撃特別警ら隊なんて訓練不足の組織、解散してしまった方が良い。


 そもそも、本来、秋葉原連続殺傷事件は犯行動機は「トヨタの派遣工に対する陰湿なイジメに、世の中を恨んだ」というものであり、ナイフだって、犯行直前に買ったものなのです。元々ツールナイフなんかを使ったことのあるタイプの人間ですらないわけで。
 取りあえずオタクとナイフに責任転嫁をしようという姿勢が、とてつもなくうさんくさく感じられます。


 この青年に良い弁護士が付き、徹底的にやり合ってくれることを切に願っています。


 なお、参考までに、白川勝彦先生の職務質問体験記。
http://www.liberal-shirakawa.net/idea/policestate.html
2008-06-27_01:14-teduka::Politics

Comments


No comments yet

Add Comments