Calender

<   October 2020   >
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031



SEARCH



Twitter


«Prev || 1 | 2 || Next»
 最近、日本刀に対する理不尽な質問を受けることが多いのです。
 まあ、私が居合をやっているというのがだいぶ浸透してきたからなのでしょうが、それにしても、日本人の原点、武士の魂である日本刀に対して、あまりにも間違った偏見が広まっているのが気になります。


良くある質問:
 「日本刀は鉄でも斬れる?」
答え:
 「鉄の種類と厚さに依ります」
 一口に鉄とは言っても、鋼鉄と軟鉄では全く性質が違います。また、製法も、鍛造が鋳造かで全く性質が異なります。
 日本刀は、刃先に強く焼きの入った全鋼鉄製です。したがって、これよりも柔らかい硬度のものは当然に斬り込むことが出来ます。なおかつ、日本刀よりも粘りがないものについては完全に切断することも可能です。また、日本刀がもっとも斬れるのは物打ち前後となります。
 具体的には、厚さ0.5ミリ程度の軟鉄製の鉄板であれば、30センチくらいの大きさまでは、腕さえあれば両断することが可能でしょう。
 ただし、日本刀は刃の部分にしか強い焼きは入っておりませんから、斬る角度を斬りそこなえば(これを刃筋が通らない、といいます)当たり前ですが斬れず、大概は曲がったり折れたりします。
 日本刀は、刃先以外は案外弱く、藁を斬っただけでも引け傷と呼ばれる斬り跡が無数に残るほど繊細なものでもあります。
 これは、元々戦場での主兵器は弓矢ややり、鉄砲であり、刀はあくまでも戦いの最後の近接戦闘やその後の首切りなど、本当の命のやりとりだけに使われたものだからです。(このため、日本刀は霊器として尊重されてきました)
 そしてそうしたひけ傷を直すには、研ぎ直ししか方法が無く、日本刀の本格的な研ぎ直しには江戸の昔からサラリーマン平均1ヶ月分弱の給料程度の大枚が必要です。(意外かも知れませんが、刀は一度研いだら十年二十年は研がずに使うものなのです)
 従いまして、こうした無茶な実験は刀が可哀想ですので、いかがなものかとは思います。


良くある質問:
 「日本刀は3人も斬ったら斬れなくなる?」
答え:
 「刃筋さえ間違えなければ何人でも斬れます」
 困ったことに「日本刀は3人も斬ったら血油が巻いて斬れなくなる」という俗説があります。これはまったくのデタラメです。
 そもそも、日本刀は油を塗って保管してあるものです。したがって、血油が巻いても全く切れ味に影響はありません。
 ただし、血油が付いたまま一昼夜も放置したら、血の塩気に当たって翌日には見事な赤さびの固まりの完成です。うっかり指先程度でも斬ったら、すぐに手入れは必要です。
 江戸時代の処刑人の処刑記録など過去の記録を紐解くと、20〜30人くらいの首を一本の刀で一日の内にまとめて落としているようです。そこで使われた処刑人の刀は未だに残っていますから、人間を斬ってもさほど切れ味には影響しないことがわかります。
 実際、私自身、竹や藁を斬っても、100本やそこらでは全く切れ味は変わりません。私の武道の師匠様は鶏肉や豚肉でも試したそうですが、やはり、ほとんど切れ味に変化はないそうです。
 また、一太刀のもとに斬り伏せた切れ味では、死体を使って試した「七つ胴」の刀まで現存していますから、7人くらいは重ねて斬ってもなんでもないことはわかると思います。
 とはいえ、実際の戦場では、鎧や服の上から相手を斬るわけで、こうなると、鉄などの堅い異物に当たって刃こぼれを起こすのは必定です。また、戦場では当然に手の内の間違いも起りやすくなりますので、曲がったり折れたりもするでしょう。戦場には未熟な状態でも出ることは多いですし、また興奮状態でもあります。そうなると、斬れるものも斬れないことが多かったでしょう。
 こうした切れ味への誤解は二次大戦前には見られないところから、二次大戦でこうした未熟な状態で斬り込んで斬りそこなった経験から、この俗説が生まれたのではないかとも思っています。


良くある質問:
 「日本刀は霊器だからそれで斬っちゃダメなんじゃない?」
答え:
 「霊器だからこそ普段から斬る稽古を積む必要があります」
 歴史上、日本刀が霊器といわれるのは、その長命さや鉄や火の神聖性もさることながら「本当に最後の命にやりとりに使う兵器だ」という意味合いが強いのです。
 戦場の最終決戦、あるいは、戦闘後の首切り。あるいは切腹後の介錯。そうした神聖な場面に命を吸ってきた兵器だからこその神聖性です。
 極論を言えば、斬れない刀はただの半端に焼きの入った鉄の棒です。それに人が加わって他人の命を奪える状態になって初めて、神聖性が生まれるのです。
 ただし、そうして数百年幾多の人の命を吸ってきた、あるいはこれからの数百年の間に幾多の人の命を吸う可能性の高い霊器ですから、扱いは慎重にしなければなりません。
 拝見する前には必ず礼。武道に用いる前、あるいは用いた後には、必ず刀礼が必須です。
 それは、ただの鉄の棒への作法ではなく、吸われた、あるいはこれから吸われるかも知れない人の命への礼法でもあります。
 居合などで併伝される試斬稽古には、こうした、斬るべき場面への対応という意味があります。
 刃先にしか強い焼きの入っていない日本刀は、しっかりと訓練を積まないと、全く斬ることの出来ないものです。剣道や居合の有段者であっても、初めての試斬でちゃんと斬れたという話は遺憾にして聞き及びません。竹刀で勝つ為の振り方、あるいは居合で美しい振り方と、真剣で斬れる刀法は、全く別のものなのです。
 競技スポーツやレクリエーションとしてならともかく、斬れない剣術や斬れない居合に武道としての意味はありません。
 このため、江戸の昔から、剣術、居合に併せて、必ず試斬の稽古も行われてきました。
 従って、武道としての刀の使い手を自認するのであれば、斬るための稽古は必須なのではないでしょうか?


 なお、現代日本においても、各県教育委員会の許可証のついている刀であれば試斬などをすることは可能です。これは、美術性をもって保存・所持が許可されている日本刀を持ちいる居合や試斬という武道自体にも芸術性・美術性があるためです。
 逆に言えば、万一の護身のために日本刀を所持し、試斬するのは銃刀法違反になります。あくまでも武道という、伝統と文化、精神性の保持という点に注意が必要です。


良くある質問:
 「どうして古刀に勝る現代刀がないの?」
答え:
 「鉄の質の問題と、製法、単に時間の流れの問題です」
 事実として、古刀(安土桃山以前の日本刀)に勝る現代刀(明治以降の刀)は存在していません。もっと言えば、新刀(江戸初期の刀)や新新刀(江戸中後の刀)でも、古刀に敵うものはありません。
 この理由として、以下のようなものがあるのではないかと言われています。


「1.鉄の質がそもそも劣っている」
 古刀の鉄は、山からとった、あるいは川に流れた砂鉄を、川の水力を使って比重分離したものが多く使われています。ここから、ズクと呼ばれる高炭素の鉄を作って、そこから脱炭して作られていたようです。
 これに対して、現代刀は、磁力を用いて河原などから集めた砂鉄を使って出来た玉鋼と言われる和式精製鉄に吸炭をさせて作られています。
 このため、多少砂鉄内の質が異なっていても、磁力にくっつく程度の鉄分があれば現代刀に混じってしまうわけで、ここがまず第一の質の違いではないかといわれています。


「2.製法の違い」
 そもそも、古刀の製法は、一子相伝や一族相伝で、極秘とされてきた軍事機密でした。
 そのため、江戸期以前の製法は現代にまで文献では残って居らず、そもそも製法が違うのではないかと言われています。
 例えば、新刀(江戸初期)以降の刀は、高炭素の皮鉄と低炭素で柔らかい心鉄の2重構造で折れず曲がらずのハイブリット構造を実現していますが、古刀にはこうした構造はあまり見られません。にもかかわらず、古刀の方が、美しく、よく切れ、折にくいのです。
 ここの解明は、現代科学を持ってしても難しいようです。


「3.時の流れによる選別と熟成」
 重要なポイントとして、時の流れによる選別という点が挙げられます。
 つまり、戦場を生き残る強さのある刀や、残る価値のある名刀だけが残ったわけで、古刀の出来のいいのは当たり前だというのです。
 また、時間の経過に伴う鉄地の落ち着きも見逃せない点です。
 つまり、作られた当初よりも時の経過によって折り返し鍛錬された鍛え地の密着性や経年変質による地肌の違いは増しているわけで、ここが強度や美しさの元になっているのでは、とも言うのです。
 こればかりは、現代人にはどうしようもない点なのかも知れません。
2009-11-16_12:07-teduka-C(0)::iai

日記概略

供武刀

 先日の、松葉先生御鍛刀場への訪問が、若手刀匠の会である叢雲会のブログにもコメントされました。くすぐったいような思いです。


 それにしても、このブログに於て松葉先生が命名された「供武刀(きょうぶとう)」というのは大変良い呼び名だと思います。
 今の刀剣界は眺めて見るための美術刀剣が主流で、武用に使う刀は「居合刀」と呼ばれることが多いのです。しかし、この「居合刀」と言う名前には単に武用の刀という意味だけではなく「使い潰せる安いダメ刀」と言う意味合いもあり、場合よっては「刃のついていない居合用模擬刀」を指す場合もあります。
 実は現代日本では、刀を武用に用いることの評価が低く、美術刀剣を専門に見る人たちに居合用の刀の話をすると、大抵バカにしたような態度で「安いダメ刀を適当に使っていればいい」という話になります。「居合刀」という呼び名に「ダメ刀」という意味合いがついたのは、こういった評価の影響が多大にあるのでしょう。
 しかし、これは、座視することの出来ない、非常に危険な傾向だと思われます。
 なぜなら「武用に使う刀はダメ刀」ということは即ち「武用に使わない刀にこそ素晴らしいものがある」ということであり、これは、刀という兵器(兵の使う器なので兵器なのです)の本質を正面から否定しているわけです。刀剣というものの本質を考えた場合にこの傾向が果たして健全な傾向かというと、はなはだ疑問であるわけです。


 そこで、松葉先生が呼ばれている「供武刀」という名前が生きてくると思うのです。
 武用に打たれ、武用に研がれ、武用の拵えがつけられた刀ではあっても、決してダメ刀ではない。確かに研ぎは居合向きに仕上げ研ぎをあまりしていないもので、なにかと傷みやすい拵えも、多くの場合に漆ではなく安く修復の楽なカシュー塗りです。しかし、それはあくまでも武用の刀であるからの実用上の都合なのであり、打上げられた刀の本質・芸術性としては一切手抜きをしていないのだ、という意味を強く感じます。
 日本刀の本質は「折れず曲がらずよく斬れる」であるとよく言われます。
 これは、前から順に大切なことを語っていて、まず第一に決して折れないこと、そして第二に曲がりにくいこと、さらに出来るならば第三に永らく斬れ続けることを指します。
 本来、日本刀の価値、芸術性とは、この三点を前から順にいかに達成したのかというところに重点があるのです。姿形や鉄肌の美しさなども重要ですが、それは日本刀を日本刀たらしめているこの三点を達成した次に来るべき事です。
 そして、この三点の要点のいずれも、眺めて見ているだけで武用に供ぜられなければ、決してわからないことなのではないでしょうか?


 また、武用と言っても、真剣を使う武術は別に居合だけではない、というのも重要なポイントです。
 居合以外にも、剣術はもちろん、古流柔術の中にも真剣を使う流派は多いですし、松葉先生は合気道にも御刀を応用されておられます。弓道やその他の直接刀を振ることのない武道でも、正式な場では、前差・脇差として真剣を帯刀することはごく普通に行われています。
 こうした武術にとって「居合刀」という名前は使いにくいものでしょう。 
 このような様々を考えても、松葉先生の打たれる武用の御刀を「居合刀」ではなく「供武刀」と呼ぶのは、非常に適切な事ではないかと強く思うのです。


 それにしても、美術刀最高峰の無鑑査間近と噂される名刀工自ら、敢えて武用の刀を打ち続ける、そんな松葉先生の器の大きさ、武用の先にある古刀名刀の美を目指しているのであろう刀への熱い思いを感じずには居られません。
2009-11-11_12:56-teduka-C(0)::iai

 昨日宮崎に飛び、先の新作刀展会長賞を取った、つまり日本一をとった刀匠にお会いして指導を受けてきました。
 松葉一路先生、松葉國正という鍛冶銘で有名なお方です。
 今回改めて宮崎に行った理由は三つ。
 一つが私のための刀を打って貰う依頼、もう一つが武人として指導を請うためでした。……あとの一つは、まあ、ちょっと続いている仕事の関係の修行だったのですが、これはまあこのブログの話題対象外と言うことで(^^;
 数年後に結果が出たらいいなあ、という感じの仕事です。


 なんと、この日は先生のお弟子さんも奥さまもたまたまご不在で、先生自らお出迎えをしてくださいました。
 平たく言えば、日本一の、文字通り国家の宝とも言える刀匠を、丸一日独占してしまったわけです(^^;
 なんというか、幸せな経験でした。


 まずは、先生の鍛刀場につくな否や、試し斬りを。

 これはもちろん武道の指導という面もあるのですが、私に合わせて作る刀の様子見という面もありました。
 結果、刃筋はとても良く立ってはいるが、やはり、切る刀と型稽古に普段使いする刀は分けた方が良いということで、取りあえずは一生ものの型稽古用の刀を作ることになりました。
 ここで、作刀依頼の前に、剣術指導が入ります。
 松葉先生は居合だけでなく、合気道の達人でもいらっしゃるのですが、その合気道を生かした斬り方を指導していただきました。
 普通の斬り方では袈裟以外にはまったく斬れなかった青竹が、先生の指導で、逆袈裟だろうが水平だろうが瞬間的に斬れるようになるのには驚きを通り越して笑いがこぼれました。
 重心の扱い方に重点があり、現在習っている居合流派などでも十分に行かせそうな素晴らしいお話でした。
 このご指導のおかげで、もう、スパスパスパスパ何でも斬れます。
 調子に乗って、先生のお庭を竹の斬りカスだらけにしてしまいました(^^;

 しかしそこで欲が出て、ちょっと力むとすぐに斬れなくなります。ここも、普段の居合で指摘されているところと一緒で、非常に興味深いところです。
 居合で伸び悩んだら、またご訪問をしても良いというお言葉を頂きましたので、作刀依頼をしている身ということを言い訳に、またご迷惑をおかけしようと思っています。


 そして、先生のご自宅へ。
 作刀依頼をしつつお刀談義を。そこで見せていただいたのが、先の新作刀展に出した刀とのこと。
 気さくな先生らしい簡単な説明で気軽にひょいと渡され、ほお、と手に取り、眺めます。
 その美しさ、姿形、まるでどこかで見たような……って……えええええええ!これはひょっとして!!!???

 ハイ、これが今年の日本一の御刀です。
 そうなんです、日本一の御刀そのものに触ってしまいました。
 以前新作刀展でガラス越しに眺めた刀は、直に触るとその魅力をますます増しています。
 その鉄は積み、刃紋は美しく、何より、その刃紋に漂う匂いが、寄せては返す波のように光の加減で変化をします。
 何時間見ていても飽きず、そして、大太刀だというのに何分持っていても全く疲れない、不思議な御刀でした。
2009-11-08_02:14-teduka-C(2)::iai

日記概略

大刀剣市

 年に一度の刀のお祭り、大刀剣市が開催中です。
 貧乏アニメ屋の身分でさすがに刀は買えませんが、格安の刀装具をゲットです。


 まずはこれ、七宝焼きの明治期の鍔。

 七宝好きの妻へのプレゼントで買いました。


 続いて、幕末の縁頭。


 鉄製のまじめな作りです。
 図柄は、幕末らしく、松と富士山と太陽の地を背に、侍が海に向かって胸を張る図。
 「立志」がテーマの図柄です。
 一見東海道図のようで、実は人物が逆向きにも見える細工がしてあるのがポイント。
 まさに、今の私の原点とも言える図だけに、とても気に入っています。
 居合真剣に付けようと思っています。
2009-11-03_01:44-teduka-C(0)::iai

日記概略

刀の鍔

 旅行記アップの暇が全く取れないので、寸暇で身の回りのネタを。


 最近買った刀の鍔です。


 其阿弥(ごあみ)の作の、江戸時代のもの。
 ちゃんと在銘ですが、武道の恩師の刀屋さんから格安で譲っていただきました(^^;
 大事にしようと思います。
2009-10-16_22:10-teduka-C(0)::iai

日記概略

愛刀「竹光丸」

 腰痛の治療もかねて居合の道場に行き、そこで、更なる愛刀をゲット。




 どうでしょう!
 まるで、時代劇の名刀のような輝き!
 その名も、竹光丸です!!




 いえ、単に竹光なんですがね(^^;


 私の剣の振りは、小さく小手先で振る剣道の点取り打ち込みの悪い癖が完全に染み付いているので、それを矯正するための素振り用と、抜刀・納刀の練習用の刀です。
 真剣を主に用いる実戦流派とはいえ、竹光を使わないわけではないのです、はい。


 長さは、2尺4寸を薦める先生に生意気にも逆らって、2尺4寸5分にしました。
 私は身長に比べて手が長く手のひらがでかいので、長い刀じゃないと合わないんですよね。


 ちなみになんと、うちの家紋の九曜の紋入り。

 これは特注でもなんでもなく、偶然、先生が持ってきた4本の竹光のうち、たまたまこいつに九曜の紋が付いていただけなのですが、これもまた、何かの運命というものでしょう。


 樋が入っているので、振ればヒュンヒュン音がします。
 何より、うっかり刃を触っても切れないのが最高!
 なにやら、靖国奉納演武なんていう声もちらほらと聞こえる季節ですが、ド初心者の私としては、しばらくこいつで基本の練習をしようと思っています。
2008-08-19_04:32-teduka-C(0)::iai

日記概略

モリタカ撮影会

 やっぱり、オタクといえばモリタカでしょう!
 ……というわけで、オタクセレブの名にふさわしく、単独モリタカの撮影会を敢行しました。







 というわけで、写真を見ておわかりの通り、モリタカはモリタカでも、盛高です(笑)
 そう、ついに脇差が出来上がってきたのです!
(例によって安刀なので、全然セレブでもなければ、オタクかどうかも怪しいネタですが(笑))


 実際には、脇差ではなく鎧通し(よろいどおし)と呼ばれる短刀の一種ですね。そいつに、小刀拵(ちいさがたなごしらえ)で、殿中差(でんちゅうざし)の形を取らせたものです。
 私の場合には、脇差というよりも、居合での前差となるものなので、なるべく小さい脇差が必要で、こういう手段を取った次第。
 短刀にわざわざ脇差のマネをさせるので拵えは特注になってしまいましたが、江戸城への登城の際の殿中差を、将軍家への敬意を示すためにあえて殺傷力の低いとされる短刀とし、その拵のみを小刀拵にした例が多数ありますので、決して、伝統に背いているスタイルというわけでもないんです。


 ちなみに盛高氏は、現代まで続く名刀匠の家系で、今は刀造りだけでなく、鉈や包丁、ナイフなどの実用刃物の手作りメーカーとなっていらっしゃいます。
http://park12.wakwak.com/~moritaka/infomation.html
 この私の盛高は、恐らく江戸初期の出来とのこと。
 盛高の良いところは、刀匠の家系でも最も長い系譜を持つ一族の一つなので、上出来の刀であっても比較的安価に入手できるところにあります。いずれも同じ「盛高」の銘なので、研究も楽しいものです。
 あくまでも、実用刃物にこだわり続けてきた歴史をお持ちなんですよね。


 ちなみに、私の盛高は、命名好きな妻によって「ちさと」と名前を付けられています。
 ……いや、それは盛高じゃなく、森高だから。
2008-08-07_22:46-teduka-C(0)::iai

ニュース:「民家強盗、日本刀盗まれる 3本で400万円相当 」
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008062401000279.html


 この事件といい、ちょっと前のこの↓事件といい、
日本刀なんていうさばきにくい物を盗んでどうする気なんでしょうね?


「日本刀37本、1000万円相当が盗まれる」
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/ibaraki/080529/ibr0805290309003-n1.htm


 日本刀は、銃刀取締法で厳重に管理されています。
 日本刀の場合には、中心(なかご)などの押型(特殊な墨を塗って作った版画)を登録されています。
 登録が無い刀は販売も所持もできませんから、これを盗んだとすれば、再登録をすることになるわけですが、そうすると再び中心を登録することになり……非常に足がつきやすいのがわかるかと思います。
 もちろん、中心に加工を加えれば再登録もできるわけですが、そうすると今度は偽銘か無銘の刀になってしまうわけで、価値ががた落ちです。
 元から無銘の刀だったとしても、中心の癖をいじれば価値が落ちますし、無銘であればそもそも元からそんなに価値が無いわけですし。
 そもそも、磨り上げるにしても偽銘を打つにしても、中心を加工するのは、刀の工作の中でも最も費用のかかるもののうちの一つです。
 もともと、無銘刀なんて相当な良作であったとしてもせいぜい1本10万円で売れれば御の字でしょうから、銘の加工代も取り戻せるかどうか怪しいものです。(うちの助六あたりの使い込まれた刀だと、確実に加工費以下(^^;)
 しかも、転売後も登録を常に辿れる為、常に盗みと偽装がばれる危険性におどおどしながらすごす羽目になります。刀の世界は狭いので、同じ刀に出会えばすぐに気がつきますし……(そもそも盗む時にあわてた被害者に獲物でぶった切られる危険性すらあるわけで(^^;)


 そうした事情を知らない刀剣素人の泥棒が一見高そうだからと盗むのでしょうけれど、どう考えても割が合わない犯罪なのではないかと思うのですが。




PS
 なお、心配した知人から「紛らわしいタイトルつけるな」とのツッコミがありました。
 ええと、もちろん盗まれる云々は私の刀のことではありません。
 私の助六丸は、厳重な盗難防止をして、某所にちゃんと保管されておりますです、はい。
2008-06-24_14:51-teduka-C(0)::iai

日記概略

「助六」詳細

 町内会の話題ばかりでもなんなので、愛刀の話でも。


 愛刀は、命名上手の妻により、「助六」と命名されました。
 なんでも、「助廣の可能性が四分六だから、助六」だそうです。
 安い寿司セットを連想させますが、まあ、安刀には適切この上ない名前と言えましょう(^^;
 友切丸でも曾我五郎でもないあたりが、とても適切です。


 ちなみに、今回はそんな安刀「助六」の詳細です。


 まず、刀身の写真。
null
 ご覧の通り、柄から見てもかなりの長刀です。
 直刀に近い、反りの非常に少ない太刀姿のため、こいつを帯に納めると抜刀納刀がやっとやっとという感じです。
 子供の頃習った半端なものではなく、ちゃんと居合を習い直さないと厳しそうです。
 ちなみに試しに稽古着に袴を履いてこいつを腰に差したところ、「一本差しが似合っている」というのが妻の談。
 「どこからどう見ても、山で見かけた瞬間に有り金全部置いていきたくなるような見事な野武士」だそうで。
 ……そりゃまあ、こればっかりは血ですからねえ。
 京の公家たちに木曽の山猿呼ばわりされた遺伝子を引き継いじゃっているわけで。


 次いで、地肌。
 どこからどう見ても安刀の「助六」唯一の自慢は、その詰んだ地肌の美しさ。
 こればかりは、本物の助廣に迫る出来です。

 蛍光灯の明かりにすら、折り返し鍛錬で出来た板目や杢目がはっきりと見えますね。
 この出来から見ても、新々刀期の量産鉄では有り得ず、新刀期以前の作であることは間違いのないところです。
 古刀をわざわざ助廣の贋作にするのも不自然ですから、新刀は確定かと思われます。
 いずれにしてもこの地肌といい、帽子の形と良い、この「助六」、助廣本人の作かどうかは置いておいて、助廣の関係者の作ではあるのでしょう。


 最後に、鍔。

 実はこの鍔も、安拵えとはいえ、時代物です。
 良くある、老人が釣りをしている風景なのですが、実は、その絵が、目抜きや柄頭へと繋がっています。
 総じて見ると、梅の木の下、海で老人が釣り糸を垂れている図になるのです。
 この拵えを作った人は、相当に風流な趣味人であることは間違いがないところです。
 ……うーん。ひょっとしたら、この刀を買った店主先生が選んだのかな?


 それにしても、なんというか、刀を手にすると身が引き締まります。
 この緊張感を得るだけでも、安刀とはいえ、なけなしの小遣いをはたいた甲斐があったというものです。
2008-06-23_04:01-teduka-C(0)::iai

«Prev || 1 | 2 || Next»