Calender

<   October 2020   >
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031



SEARCH



Twitter


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»
 私は実は、死刑に対して全面的に反対というわけではない。
 しかしながら、裁判における有罪率が飛び抜けて高く、冤罪の可能性を多く含んでいる日本において、このペースでの死刑執行はあまりにもやり過ぎだ。


死刑執行:4人に執行 命令3回目、計10人−−鳩山法相
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080410dde001010007000c.html


 しかも、ここに書かれていない事実だが、この死刑執行には裏事情がある。
 実は今週からちょうど、鳩山兄弟が開いた政治私塾「友愛塾」が開催されたのだ。
 つまり、この死刑執行時期は、注目を集めている時期を利用し、塾生に対するデモンストレーションも兼ねているととらえられても仕方のないものなのだ。
 以前鳩山法相が口にしたように、死刑執行に感情を交えるべきではない。それはまさにその通りだ。
 人の命を扱うのにベルトコンベアーという言葉は悪いが、そこに感情を交えてしまったら、死刑に恣意的要素を持ち込むことになり、それは単なる殺人と変わらなくなるという真意は理解できたのだ。
 だがしかし、それは決して、死刑執行を自らのPRに利用して良いということでは決して無いはずである。


 鳩山法相は、兄である鳩山由紀夫氏が民主党の幹事長をやっており、姉兄弟で鳩山友愛塾を共催している。そして、友愛塾には民主党系の人間も多く参加している。もちろん、政治に兄弟の情を持ち込むとは思いたくないが、それでも、私にまったく無縁の人というわけではないのは紛れもない事実である。
 そのため、下手なことを言えば私の立場が不利になる可能性があるかもしれない。
 だがそれを承知で、あえて言わせていただく。


 こんな人間が、偉そうに塾なんて開くのか!?
 こんな人間に学んで、どうする!?
2008-04-11_00:42-teduka-C(0)::Politics

 テレビで、小沢先生と福田首相の会談の模様が何度も放映され、新聞などにも会談全内容が出ていますね。
 実は、これも参院選の結果として、歴史が変わった瞬間なのです。
 今まで、こうしたトップ会談は、国民の目のないところで密室のうちに秘密裏に行われてきました。確かに、三流国の内政ならば、そうした密室での秘密事項も必要でしょう。しかし、開かれた一流民主主義国家を目指すのであれば、そうしたトップ会談は、なるべく多くを公表すべきなのです。
 実際、前回の会談も、密室性を利用され、あたかも小沢先生がヘマを踏んで大連立に踏み切ったかのような情報操作をされてしまいました。
 結局、現行権力側、与党・官僚にとって都合の良い内容を押し通すための密室だったわけです。

 そんな状況から、ついに、トップ会談を密室から引きずり出した事の意味は非常に大きいのです。
 事態の変化に焦った自公、政府系メディアが批判を始めていますが、これも、皆さんの一票で歴史が変わった瞬間なのです。

福田首相、日銀「民主は人事権乱用」=小沢氏「財務省支配」と反論−党首討論
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008040900664
2008-04-09_21:34-teduka-C(0)::Politics

福田首相が暫定税率失効で謝罪会見「心よりおわびしたい」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080331-OYT1T00500.htm?from=top

 上記ニュースから。

 国民にお詫びってあんた……
 つまり、ガソリンが下がって喜ぶのは国民ではないって言いたいの?

 いやいや、こんな”混乱”や”つけ”なら、いつでも大歓迎ですよ。
 それよりも、戦後何百回とあった、増税での”混乱”や”つけ”は、ご勘弁いただきたいところだけれども、それについて謝った場面は一度も見たことがないのはなぜでしょう。

 減税でお詫びって……政治家の皮膚感覚として、狂ってませんか?

  今日明日は記念すべき日なので、日記多めです(^^;
2008-03-31_18:56-teduka-C(0)::Politics

 ニュース記事のタイトルで、必死に自公の勝利感をアピールするとは、マスメディアも地に落ちたものです。
「つなぎ法案:参院で可決、成立 与党と民主など賛成」
http://mainichi.jp/select/today/news/m20080331k0000e010097000c.html
 あたかも、当初の自公案の「つなぎ法案」がそのままに通ったかのような印象操作なのだろうが、あまりに拙い。
 ガソリン関係の値上げを抜いて、撤廃されたら増税になる部分だけを集めた、民主党の希望通りの法案であり、以前話題になったつなぎ法案とは、実質別の法案だというのに。
 いくら何でもこれで自公のメンツが立ったかのように言い張るのは、エイプリルフールまでにはまだ一日早いというものじゃないでしょうか。
2008-03-31_18:42-teduka-C(0)::Politics

日記概略

暫定税絡みで

 暫定税絡みであちこち調べていたら、面白いブログを発見。
 ジャーナリスト、上杉隆さんのブログです。
 以下一部引用。


***********************
福田首相 「一般財源化します」
マスコミ 「大決断。今度は民主党の番」
(あの〜、一般財源化って、小泉・安倍の『骨太の方針』で既に決定済みなんですけど……。)


福田首相 「中期計画の10年を5年にします」
マスコミ 「譲歩だ。道路族との戦いを示している」
(あの〜、道路整備中期計画自体が、特定財源を元に算出されているんで、根本から矛盾しているんですけど……。)


福田首相 「暫定税率については、今後検討とします」
マスコミ 「ひとまず一般財源化が優先。民主党も譲歩すべきだ」
(あの〜、暫定税率って、32年前から検討が繰り返され、なお存続しているんですけど。それに、暫定税率見直しって、安倍前首相が公約しているんですが……。)


福田首相 「期限切れによる国民生活への混乱を避けなくてはならない」
マスコミ 「ガソリンスタンドなど、相当な混乱が予想されます」
(あの〜、戦後何百回となく、この種の『値上げ』が行われてるんですけど。なんで『値下げ』のときだけ『混乱』するんでしょうか? 『値下げ』で混乱するのは、政治家と官僚と業者なんですけど……。)


福田首相 「急に、暫定税率を止めるわけにもいかない」
マスコミ 「暫定税率廃止は、やはり地方への影響が大きいと言わざるを得ない」
(あの〜、地方が困るって、予算を作ったばかりの議会のことでしょう。値下げして地方の生活者が困ることないんですけど……。)

「東京脱力新聞」
http://www.uesugitakashi.com/archives/51359230.html
***********************




 いやあ、まったく仰るとおり。
 極めて的確な突っ込みです。
 本当は、こういう突っ込みをするのがマスメディアの役目なはずなんですけどねえ……
 逆に突っ込まれる側なのが、なんとも。
2008-03-31_06:51-teduka-C(0)::Politics

 道路特定財源以外で与野党が合意し、ガソリン税以外についての混乱を回避したというニュースがありました。
http://www.asahi.com/politics/update/0328/TKY200803280336.html
 なぜか、ラジオ以外のメディアは小さく扱っていますが、これは非常に大きな歴史的一歩です。
 国民の投票の結果が、官僚の思惑に反して国民の側に利益になる結果を生んだ、初めてのケースなのです。
 今までの日本の減税は、自民党政治家が官僚の入れ知恵を受け、選挙前の人気取り対策として行われてきたものでした。そうした減税は決して、国民の投票が産んだ結果ではなく、実際、恒久的という名の下に行われた所得税減税があっさりと打ち切られ、我々の生活を圧迫しているのを見ても、わかるとおりです。
 しかし、今回は違います。
 投票行動の結果議員数に変化があり、その変化が憲法や諸法に則った正統性のある議事の結果を変え、官僚の利権を削る減税を生み出したのです。


 つまり、私やあなたの投票行動が、今回のガソリン税増税延長を阻止し、このガソリン減税を生み出したのです。


 ついに、日本がようやく民主主義国家としてのまともな第一歩を踏み出しました。
 議会がちゃんと機能をした、初めてのケースなのです。
 あなたを取り巻く環境は、そしてこの国の行く末は、あなたの投票で確実に変わったのです。


 そして、次は、政権交代です!!
2008-03-29_01:51-teduka-C(0)::Politics

 それにしても、最近、メディアスクラムによる、自民党支援の動きが派手ですよね。
 中でも、一見リベラル派を気取っているように見せかけていたニュースステーションなどのニュースエンターテインメント番組までもが本性を剥きだしにして民主党叩き、自民党支援に走っているのが気になります。

 日銀総裁でも、ノーパンしゃぶしゃぶ参加者や、無能が売りの官僚崩れなんかに総裁を任せられるはずがないというシンプルな話なのに、あたかも民主党が常識外れの反対をしているかのような報道。
 暫定税問題に至っては、「4月パニック」なんていうスローガンまで掲げて自民党支援をしている有様です。
 中古車売買の税や地ビール限定税や不動産税が少し上がったところで、国民誰もに関係するガソリン税とそこにくっついた官僚利権を打破することに比べれば、どちらが重要かは明らかだというのに!

 結局、この国のメディアは、一部エリートが牛耳り、様々な保護法で護送船団方式で守られている、官僚の亜種のようなものなんですよ。
 だから、ガソリンががくんと下がるという、民主党の明らかな成果が、近い将来の政権交代を思わせて、怖くて仕方がないんでしょうね。
2008-03-25_22:05-teduka-C(0)::Politics

 というわけで、小沢一郎政治塾から帰ってきました。
 いやあ、すごい! 楽しい!!

 3泊4日、朝から晩まで講義、夜から朝までは政策論をつまみに議員先生も塾生も秘書さんもスタッフさんも膝を交えての半徹飲み会。とてつもなくハードです。
 国会議員の先生方はもちろん、一般塾生に至るまで、高い志と能力を持った人間が、社長から労組、右から左、上から下まで揃っているのは圧巻でした。
2008-02-03_06:24-teduka-C(0)::Politics

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»